SORACOM Technology Camp 2018

SORACOM Technology Camp 2018

お申込みはこちら

About

2019年に必要なIoTシステム構築・運用の技術を学ぶ1Day!

IoTが実践フェーズとなり、様々なシステムにセンサーや通信が取り入れられモノのデータが活用され始めています。 「SORACOM Technology Camp」は、IoT に取り組む技術者・デベロッパーが、デバイス・通信・ソフトウェアなどの専門技術が密に連携するIoTシステムの構築・運用するために、最新技術や設計手法を学ぶラーニングイベントです。

第2回目の開催となる「SORACOM Technology Camp2018 」は、「IoT活用の実践」をテーマに、プロトタイピングや、IoTシステムの運用フェーズに必要な様々な仕組みを、SORACOMのサービスによる解決方法、ユースケースとライブデモを交えて解説します。 2018年7月に発表した新サービス「ダッシューボード作成・共有 SORACOM Lagoon」や、セキュアプロビジョニング「SORACOM Krypton」、そして発売間近の「SORACOM LTE-M Button」を用いたプロトタイピングなど新しいセッションもお目見えします。

これからIoT に取り組む、もしくは来年度にむけIoTシステム提案を控えている技術者・デベロッパーの方は、ぜひご参加ください。

概要

開催日時:2018年11月22日(木)13:30-19:30
※ 受付開始 13:00~

会場:大崎ブライトコアホール
〒141-0001
東京都品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア3F

お申し込み:抽選・事前登録制・参加費無料

主催:株式会社ソラコム
地図 »

IoT の現場に向き合う講師陣

ソラコムの選りすぐりのエバンジェリストやソリューションアーキテクトの5名がセッション講師を担当します。
エバンジェリストの松下は、年間100回以上の登壇をこなし、SORACOMのサービスと IoT システム活用について知り尽くしています。シニアエンジニアの松井はハードウェアとクラウドの両方に精通しソラコムが発売予定の「SORACOM IoT Button powered by AWS」のデバイス開発もリードしています。
ソリューションアーキテクトの今井、須田、松本の3名は、お客様の求めるシステムの実現をシステム面からサポートするスペシャリストです。ソラコムの中でも最もお客様のニーズに近いところで、デバイス・通信・クラウドなどの全体最適や具体的な課題解決と向き合っています。

写真をクリックすると職歴をご確認いただけます。


  • 安川 健太 /kenta
    株式会社ソラコム
    最高技術責任者

  • 片山 暁雄 / yaman
    株式会社ソラコム 執行役員
    プリンシパルソフトウェアエンジニア

  • 松井 基勝 /moto
    株式会社ソラコム
    プリンシパルエンジニア

  • 松下 享平 / max
    株式会社ソラコム
    テクノロジー・エバンジェリスト

  • 今井 雄太 /factory
    株式会社ソラコム
    ソリューションアーキテクト

  • 須田 桂伍 /kei
    株式会社ソラコム
    ソリューションアーキテクト

  • 松本 悠輔 / ysk
    株式会社ソラコム
    ソリューションアーキテクト

CLOSE